債務整理を司法書士事務所に依頼したら・体験談はこちら

あなたはいくら借金がありますか?

私が実際に抱えている借金です。

日本政策金融公庫(教育ローン)200万円

三井住友カードローン(教育ローン)50万円

三井住友クレジットカードリボ払い限度額70万円

三井住友クレジットカード一括返済分11万円

ソフトバンク光(解約料+延滞金)5.6万円

 

 

合計336.6万円!

あまのっち
あまのっち
年収をはるかに超えている!
これからどうやって返済していこう?

 

司法書士事務所に申し込んで借金返済中です。

 

借金をかかえているあなた

どこに相談して、何から手を付けたらいいかをお伝えします。

今日から、電話におびえなくて済みますよ

 

この記事を読んでほしい方
債務整理をして毎月の返済金額を減らしたい

債務整理を司法書士事務所に依頼した理由

 

自分がいまどれだけの借金を抱えているか、

実際並べてみてびっくり!

 

毎月、何とか返済してきたけれど、

パート勤務なので

体調を崩して2~3日、仕事を休むと

みるみるお給料が減って

返済できなくなり、

その結果

延滞金が足されて請求書が届いたり、

催告状が届くようになっていた。

 

さすがにもう精神的にしんどくなり、

毎日毎日、借金返済のことだけしか考えなくなり、

仕事が手につかなくなり、

ミスが多くなった。

 

郵便ポストを開けるのが怖いし、

当然、届いたハガキや封筒を見ることも出来ず、

ほっておいた。

 

ほおっておくと、赤色のハガキが届いたので、

さすがに無視できず

恐る恐る見てみた。

【催告状】・・・弁護士事務所から

内容・・・〇〇日までに返済出来ない場合

法的処置をとります。

・・・無視できない内容

 

「だれかに相談したい・・・」

 

あらゆるホームページをみてまわり

何度でも相談無料の司法書士事務所に

思い切って相談をしてみました。

債務整理どこに相談すればいい?

債務整理の相談にのってくれるところはいろいろありますが、

司法書士事務所と、税理士事務所では基本料金が違います。

 

ホームページなどで金額を見て決めるのもいいですが、

安かろう悪かろうにならないよう

まずは自分が、どんなことを相談したいのか整理して

その内容に強い事務所を選ぶのがいいでしょう。

 

例えば、離婚問題、相続問題に強い事務所に

借金の相談をしても

いま一つ納得のいく回答は得られないでしょう。

 

私は以前、

敷金が返金されないばかりか

上乗せされて請求され、

法テラスを利用しましたが、

敷金問題に詳しい担当者が居なくて

時間を無駄にした経験があります。

 

詳しくは

「法テラス・イメージとかけ離れた対応で時間を無駄にしないために」を、お読みください。

 

債務整理を司法書士事務所に相談する時に決めたこと

TVCMなどで過払い金請求が話題になったこともあり

いくつか見聞きする法律事務所、税理士事務所がありました。

けれど、HPでどんな相談内容に強いのか確かめてから

決めることにしました。

 

電話相談何度でも無料

法律のこと、何も分からない素人が電話をかけるのに

時間でお金を取るところって親切じゃないですよね。

その点、何度電話かけてもいいのは助かります。

着手金無料

お金がないから相談したいのに、手付金とか、着手金って。

「はじめにこれだけ払ってください」って言われても困ります。

 

 

なんだか「お金持っていない人は相手にしてません」って

言われてる気がして、相談する気になれません。

相談しててもきっと冷たい返事しか返ってこないんだろうな。

 

相談にのってもらって、

借金が減額するならお礼でいくらか払う気持ちはありますよ。

 

相談は無料なので、

まずは電話をかけてみて、

高飛車な人だったら他で相談すればいいやって考えた末、

ある司法書士事務所に決めました。

 

ホームページから入力するとすぐに電話がかかってきました。

メールで返信もしてくれますが、

ホント切羽詰まった状況なので

とにかく話を聞いてほしかった。

 

債務整理・司法書士事務所に相談した内容

①日本政策金融公庫200万円は、金利も安く

息子の教育資金なので、下手に手を出さない方がいいか?

 

②三井住友クレジットカードの返済が出来ず、

クレジットカードの利用が出来なくなったこと。

 

③三井住友カードローン(教育ローン)50万円

三井住友カードローンリボ払い限度額70万円と

いつの間にか一括支払いになっていた11万円を何とかしたい。

④ソフトバンク光から解約金と延滞金を請求されていること

 

債務整理・司法書士事務所に相談した結果

①は金利も安いので、

そのまま月々2.2万円の返済を継続することになる。

④についても5.6万円と比較的支払い金額が低いので

自力で返済する方が良いと判断されました。

④についても税理士事務所から催告状が届いていたので、連絡をとり

5.6万円を3回の分割払いにすることになりました。

 

 

問題は②と③についてです

こちらの返済について、司法書士事務所に介入してもらい、

返済をすることになりました。

まずは3月2.5万円

4月2.5万円

5月2.5万円

6月3.5万円

合計11万円を支払います。

 

これがいわゆる司法書士事務所に支払うお金です。

 

いま返済している金額よりも少ないので、

6月までに浮いたお金を貯めておきます。

 

3月から6月までは

カードローンなどの支払いがストップします。

それは、

司法書士事務所が私の代わりに

三井住友銀行や三井住友カードローンと

返済期日や金額の話をしてくれるからです。

6月までは司法書士事務所にお金を払い、

7月以降から三井住友カードローンへの返済が始まります。

「これからはローンのことで電話があれば、

〇〇事務所に依頼していますと言ってください。

そのあとどこから電話があったかを教えてください。」

 

そう、これからは嫌な電話に出なくていいのです。

「返済がまだなのですが、次はいつ支払いが出来ますか?」

 

映画などで見た、取り立て屋のような電話に

おびえることも無くなるのです。

 

債務整理の相談を司法書士事務所にしても返済がなくなるわけではない

司法書士事務所に返済の相談をして、

手続きをしたからといって

返済が全く、無くなるわけではありません。

 

しかし、

利息分が無くなるので

払ったお金はまるまる元金に充てられるため

自分で払い続けているよりも

はるかに安く、期間も短くて済みます。

私の場合は130万円もの返済があり、

何もしないでこのまま返済続けるより、債務整理をすると

25万円の利息分が浮いてくるそうです。

 

25万円あれば・・・

息子の大学2年目、前期分の学費が準備出来ます。

 

もっと早く相談しておけばよかった。

 

今からでも遅くないです。

家計を立て直しましょう。

天音法律事務所 債務

ライズ綜合法律事務所シュミレーター

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です