なぜ?審査に通らないGoogleアドセンス。書いてはいけない「あの言葉」とは?

あまのっち
あまのっち
Googleアドセンスに申請して4度目。
また落ちた!ポリシー違反した覚えないよぉ
私のブログのどこが悪いの?
誰か教えて

この記事を読んだあなたならアドセンスに合格できます。

この記事を読んでほしい方
★Googleアドセンスの審査に受かりたい方

 

Googleアドセンスポリシーに沿って書いたブログ記事なのに

どうして審査に通らないのでしょう?

 

実はアドセンスポリシーには載っていない

ブログに書いてあると審査に通らないNGな言葉があるのです。

 

もしあなたのブログに「ある言葉」が書かれていたら

記事からすぐに削除してくださいね。

ブログに書いていませんか?「この言葉」

今すぐあなたのブログ記事内で検索してください。

「ハ〇タス」

有名なポイントサイトです。

ややこしくてごめんなさい。

しっかり言葉を書くと、

このブログのアドセンスが止められしまうので書けないのです。

 

アドセンスポリシーには

記事に書いてはいけない言葉があるのはご存じですよね

当然あなたは一言ひとこと注意しながら書いていることでしょう。

アドセンスに合格するために先輩たちのブログと自分の記事を比べたりして一言一句、たしかめたはず。

でも一回で審査に受かった方には分からない、

あなたのブログが審査に落ちる要素があるのです。

 

ポイントサイトに呼び込むような言葉を書いてはダメだし、

リンクを貼るなんてもってのほか!

 

「でも、リンク張ってあるサイトを見たよ」と言われる場合

昔の条件が緩かった時に出来たサイトだと思ってください。

今の審査では通りません。

事実140記事でアドセンスが通らなかった筆者のブログから

この言葉を削除しただけで審査に通りました。

あとは審査に落ちたときに届くメールに書かれている内容を読んでブログの修正をしましょう。

落ちたときに届くアドセンスからのメールを見てみよう

 

落ちてショックを受けるのは仕方ない。

でもGoogleから届くメールをよく見て

どこを直せばいいか書いてあることが多いです。

不十分なコンテンツ

ブログを始めてすぐにアドセンスに申し込んだ方が落ちたときに届くメールで一番多いのが「不十分なコンテンツ」です。

1記事当たりの文字数が少ない。

ダラダラと言葉を並べただけではもちろん通りません。

読者に価値(情報)を提供する内容を書いて

1記事当たり1000文字前後は書きましょう。

画像が多すぎる

文字数に対して画像が多すぎてもこのメールが届きます。

「文字よりも画像の方が伝わる」場合もあるでしょう。

 

旅行のレビューとか、食事風景

商品を使ったレビューなど画像の方が読者にとって有益です。

しかし、

審査に受かるためには文字数で勝負できる内容を書きましょう

段落のない文章を書いていませんか?

Googleからどういう文章が書かれていたか忘れましたが、

「句読点もなく、段落もない文章は読みにくく

どんなに内容が良くても読者が読みにくいのでダメ」と

アドセンスに落ちた記憶があります。

 

h2、h3タグや囲いを使って見やすく、

強調したい文字は赤や黄色のマーカーを使いましょう。

アドセンスポリシー違反

アドセンス審査を申請するあなたなら

絶対ブログに設置してありますよね

まだならすぐ設置してください。

プライバシーポリシー

お問い合わせ

プロフィール(運営者情報)

 

まとめ・たった6記事でもアドセンスに合格できる

筆者のブログですが

アドセンスに合格するために立ち上げたブログで

上記を守って記事を書けば

たった6記事でアドセンスに合格しました

良ければ参考にしてください。

アドセンスに合格した6記事
引越しは金額で選ぶと後悔・失敗談
入社から始まっている。良好な人間関係を築く3つの秘訣
引越し貧乏・どうやって生活する?
職場見学は転職の参考になりますか?
三井住友銀行カードローン審査・インターネットバンキングの場合
法テラス電話相談・敷金返金の場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です