づとずの使い分けできますか?

転職

「づ」「ず」の使い分けできていますか?

あまのっち
あまのっち
旅行に行ってきたお土産を職場の方に渡したい。
個包装のおまんじゅう。
あれ?
『ひとつづつ、お取りください。』と
『ひとつずつ、お取りください。』
どちらが正しいんだっけ?

さて、どちらが正しい書き方なのでしょう?

答えは・・・ひとつずつです。

 

そもそもどうして「ひとつづつ」か「ひとつずつ」なのか

迷うことになったのでしょう?

私の職場では、

お休みの日に、どこかへ遊びに行くと、

「お土産を買って帰る」という

暗黙の習慣があります。

いつものように、休日に遊びに行ってきた方が

お土産を買ってきていました。

個包装されたクッキーです。

「ほんとは出勤しなきゃいけなかったかもしれない日に、

休みをもらって楽しませてもらってありがとう」の気持ちが

女の方が多い職場。

「づ」「ず」の書き間違いで

陰で、悪口を言われるかもしれません。

しっかり調べて、メモを残したいと思いました。

文部科学省のサイトです↓

「現代仮名遣い」に関する内閣告示及び内閣訓令について

昭和61年7月1日に、

仮名遣いによる表記の仕方を表したものです。

 

次のような語は、「づ」を用いて書く。

(1) 同音の連呼によって生じた「づ」

 

つづみ(鼓) つづら つづく(続) つづめる(約) つづる(綴)

 

(2) 二語の連合によって生じ「づ」

 

みかづき(三日月) たけづつ(竹筒) たづな(手綱) 

ともづな にいづま(新妻) けづめ ひづめ ひげづら

おこづかい(小遣) あいそづかし わしづかみ 

 

こころづくし(心尽) てづくり(手作) こづつみ(小包)  

ことづて はこづめ(箱詰) はたらきづめ みちづれ(道連)

かたづく こづく(小突) どくづく もとづく うらづける

 

ゆきづまる ねばりづよい

つねづね(常々) つくづく つれづれ

 

なお、次のような語については、

現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として、

それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし、

せかいぢゅう」「いなづま」のように

」「」を用いて書くこともできるものとする。

 

例 せかいじゅう(世界中)

いなずま(稲妻) かたず(固唾) きずな(絆) 

 

さかずき(杯) ときわず ほおずき みみずく

うなずく おとずれる(訪) かしずく つまずく ぬかずく

 

ひざまずく あせみずく くんずほぐれつ 

さしずめ でずっぱり なかんずく うでずく くろずくめ ひとりずつ

ゆうずう(融通)

 

〔注意〕 次のような語の中の「じ」「ず」は、

漢字の音読みでもともと濁っているものであって、

上記(1)、(2)のいずれにもあたらず、「」「」を用いて書く。

 

例 じめん(地面) ぬのじ(布地)

ずが(図画) りゃくず(略図)

現代仮名遣いに関する内閣告示及び内閣訓令について

日本語ってむずかしい~

例の中に、

現代語の意識では一般に2語に分解しにくいものとして

【ひとりつ】と表記があります。

こちらの例に当てはめると

【ひとつつ】の表記でよいでしょう

日頃、何気なく使っている仮名遣い。

難しいですね。

しっかり頭にいれて、職場でも

正しく使いましょう。

\お局さまに目を付けられなくなります/

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました