パレートの法則(2対8の法則)・あなたはどっち?

職場の人間関係

パレートの法則を知っていますか?

 

スポンサーリンク

パレートの法則とは?

パレートの法則は、

働きアリの法則と同じ意味合いで使用されることが多く、

組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、

そしてその2割の要人が間引かれると、

残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである。

wikipediaより

 

自分の職場をパレートの法則に置き換えたら

自分の職場に置き換えたとき、

思い浮かぶことがありませんか?

 

お客様から聞かれる商品はいつも同じ

=商品の売り上げの8割は、全商品のうちの2割で生み出している。

 

私ばっかり、しんどい目にあってる

「〇〇さん、商品について接客お願いします。」

「〇〇さん、積み込み応援お願いします。」

「〇〇さん、次の企画で使うから、リストにある商品を集めておいて」

「〇〇さん・・・」

「〇〇さん・・・」

 

いつも、私ばかりに仕事が回ってくる。

私だけしかいないわけじゃなく、

私より勤務が長いパートさんが出勤して来てるというのに

どうして私ばかり・・・

=売り上げの8割は、全従業員のうちの2割の方が生み出している

 

あなたがいつも他人以上に、

店内を駆け回り、水道用品の接客、

セメント、ワイヤーメッシュの積み込み

木材カット、はたまた、物置の配達準備など、

 

パートという立場でありながら、

社員も顔負けの働きをしているのを

私は知っている。

 

大学を卒業し、頭がいい、

お客様への気配り、上司への連絡、サポート・・・

何をとっても抜け目がない。

 

だから、休憩ばかりとって、

めんどくさいことは、社員に押し付ける

要領のいい、

年配のパートに対し、

敵意をむき出しにする気持ちも

分からなくもない。

 

でもね、パレートの法則にのっとって

話すならば、

あなたにとって、

要領のいい、嫌なパートの先輩がいなくなったら

どうなると思いますか?

 

自分にばかり、仕事が回ってくることはなくなると

喜んでいますか?

 

違うんです。

 

残った人たちの中から、

また、要領のいいひとが現われて

あなたに仕事を押し付けてくるんです。

 

考え方をちょっと変えて、

自分の働きが、

売り上げに貢献しているんだって

自信もって

 

もう少しやさしい目で、

周りを見てください。

 

あなたが毎日がんばっているのは

みんなが知っています。

それとなく上司に伝えている人もいます。

 

 

今度の契約更新で

あなたの時給が上がっていますように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました