職場で失敗をしたときの対処法3つ。長く職場で働くために

職場の人間関係

社員であれ、パートであれ、アルバイトでも

働いている時、失敗をしてしまうことがあると思います。

スポンサーリンク

職場で失敗をしたときの対処法3つとは?長く職場ではたらくために

出来ればミスはしない方がいいけれど、

してしまったものは仕方ありません。

をしてしまったことよりも

ミスをした後のあなたの行動が上司や同僚には、見られています。

 

ミスをしてしまった時の対応次第で

あなたの評価が分かれることを知っていますか?

この記事では、ミスをしたときの対処法3つをお伝えし、

人間関係をよくして、長く働ける秘訣をお伝えします。

1.ミスをしたときは、すぐに上司に報告、謝罪する。

社会人になると自分一人のミスが、

会社全体へ影響を与えることがあります。

 

学生なら、「ごめんなさい」といえば、

あとは誰かが何とかしてくれていたでしょうけど、

社会人であるならば、自分のミスは出来る限り、

自分で対処しなければなりません。

 

ミスが分かった時点で、

すぐに先輩や上司に報告し謝罪しましょう。

2.上司に指示をあおぎ、すぐに、対応すること

包み隠さず、上司に報告して、指示をあおぎましょう。

例えば、発注数量を間違えたとき、

取引先がまだ営業時間内なら

電話1本で取り消せることがあります。

 

お客様相手にミスをした場合、

住所、電話番号が分かれば連絡をとって

信用を回復出来るかもしれません。

 

出来れば隠しておきたい気持ちはわかりますが、

後で発覚すると、とりかえしのつかない損害に発展したり、

上司からのおしかりも大きくなりますよ。

3.謝罪する時は、誠意をもって。言い訳厳禁!

言い訳したい気持ちがあるかもしれません。

「わざとじゃないってこと分かってほしい」

気持ちはわかりますが、

言い訳するのは、事態が落ち着いてから。

 

ミスしたことの処理が片付いてからにしましょう。

ミスに気づいたらどんな行動をとるべき?

「ミスをした!」と気づいたとき

取るべき行動を順序だててお伝えします。

1.気持ちを落ち着ける。←コレってかなり重要

上司に説明に行くなら、気持ちを落ち着かせてないと、

支離滅裂な説明をして、「結局どんなミスをしたんだ!」と

上司におこられてしまいますよ。

2.すぐに上司に報告する。

例えば、

数を間違えて発注した時は

すぐに対処しないと会社に損害をあたえます。

 

お客様からおしかりを受けたとき。

「レジ打っている途中、

別のお客様が隣から話かけてきた。

レジ打ちに集中していて返事が出来なかったら、

おこりだした。」

 

お客様は、気に入らないことがあるとすぐに本部へ連絡をします。

先に上司に報告をしていると、

「レジを打っていたので、仕方がない・・・」と

わかってもらえます。

3.心の底から謝りましょう

ミスをしたときの事情は様々ありますよ。

 

「仕方ないよね」ってわかってもらえる場合もありますが、

誰かに迷惑をかけたことは事実です。

誠意をもって謝罪しましょう。

 

覚えておきたい謝罪の言葉

社会人なら正しい言葉遣いをして謝りましょう

 

「申し訳ございませんでした」

「大変失礼いたしました」

「早速対処します」

「私の力不足で申し訳ございません」

「今後十分注意いたします」

「私の注意不足でご迷惑をおかけしました」

「いろいろとお手数をおかけしました」

原因を確かめましょう

同じミスを繰り返さないためにも、ミスの原因を確かめましょう。

ミスをした状況、どう対応したか、メモに残しておくと、記憶にのこりやすいですよ

次は絶対ミスしませんように

仕事で挽回する

ミスしたことはひとまず忘れて、仕事に打ち込みましょう。

仕事のミスは仕事で取り返す姿勢は、上司や同僚みんなが見ていますよ。

仕事でミスをしたときの対処法3つ・まとめ

ミスをしたらすぐに上司に報告、謝罪しましょう

上司に指示を仰(あお)ぎ、迅速に適切に対応しましょう

謝罪する時は誠実に。言い訳厳禁!

 

ミスを克服して長く働けるといいですね。

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました