職場の人間関係・良好な人間関係をつくるポイント4つ

職場の人間関係

職場で毎日顔をあわす方たちとは、出来るだけ良好な人間関係を作りたいですよね

ここでは、良好な人間関係をつくるポイント4つをお知らせしたいと思います

 

スポンサーリンク

ポイント1.笑顔とあいさつ

基本中の基本ですね。

 

笑顔であいさつされた方は嫌な気持ちがしないし、

たとえ、さっきまで、仕事のことで陰口を言っていても

あいさつをされると、「まあ、調子悪いときもあるよね」って

寛大な気持ちで接するようになります。

 

たとえ、

「相手の方から一度もあいさつをされたことがない」場合でも

あなたからは、必ずあいさつしておきましょう

 

あいさつは自分のためにするものです。

ポイント2・約束を守る

遅刻をしないで出勤することは当然

職場の約束を守ることになります。

 

上司や先輩から「〇〇さんに連絡しておいてね」など

仕事を頼まれたは必ずしましょう。

 

同僚に「当番を代わってほしい」とたのまれたあなた

 

早めに出勤して済ませる当番の仕事を

その日に限って

子供がぐずついてすっかり忘れてしまい、

「やっぱり出来ませんでした」

なんて言おうものなら

あなたの信用は無くなったも同然です。

 

どうすれば約束を守れるかを考えましょう。

また、約束が守れないと分かったときは、

早めに、相談しましょう。

ポイント3.人の話をちゃんと聞く

事務所で、みんなが新しいレジ操作のことで話しているのに、

あなただけ、

「伝票入力できてない!どうしよう?」とアタフタ

自分勝手な話題を振りまかないで

今はそんな話をしている時じゃないでしょ?

 

休憩中なら、何を話してもいいですよ

 

けれど、仕事中は、みんなと同じ方向を向いて

作業や、会話に加わりましょう

ポイント4.みんな同じように接しましょう

人間だもの、好き嫌いが出るのは当然。

しかも女性が圧倒的に多い職場で、

みんなと仲良くできる方がおかしい。

 

自分の仕事を手伝ってくれる人には

出来るだけ優しく接したい。

 

仲のいい、友達とはつるんでいても

気に入らない同僚には

最低限度のあいさつだけ・・・

 

これでは、社会人として失格です。

 

たまたま部署が違うから、

仕事のお手伝いをする機会がなかっただけ。

 

あなたが仕事が休みの日には、

代わりに商品説明をしたり、

注文を聞いたりしている。

 

あなたから、変わっていきませんか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました