退職時の引継ぎ。気持ちよく退職するために

あと数日ですね。

新入社員として系列店に入社して半年。

当店に異動してから、3年かな?

 

親子ほど年が離れているので、

頻繁に会話をすることはなかったけれど、

猫を飼っている共通点があったので

仲良く仕事ができたと思っています。

 

若いから、自分の進みたい道を見つけたと聞くと

誰にも引き止められません。

 

自分が持っている資格を生かして、教室を開きたい」

夢をかなえるためには、

今の職場ではなく、

時間に融通が利く職場に移るのも

無理はありません。

 

けれど、1つだけおねがいがあります。

次に来る方のために、引継ぎをしておいてください。

 

取り寄せ品受け付け書や、メーカーの連絡先。

リピーターの情報。

今現在、抱えている工事の受注

在庫や備品を置いている場所。

 

会社なので、パソコンにデーターが残されているものも

ありますが、

あなたが直接お客様に関わってきて

感じたことは、

どこにも記されていないので、

出来る限り、残しておいてください。

 

「今の時期、祭りたびが良く売れます。

例年より、子供サイズの売れ行きが少ない反面、

悪天候になることが増えてきてるので

かっぱ(レインコート、ポンチョ)の仕入れ量を増やしています」

 

こんな風に引継ぎをしてもらったら、

後に来る方は仕事がしやすいでしょう。

 

あなたがやめた後も変わらずに訪れるお客様のためにも、

引継ぎをしてから、退職する日を迎えてくださいね。

 

転職したいけど、何から始めたらいいのかわからないあなた

まずは無料登録から始めてみましょう

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました