ブログ記事が書けない理由5つと対策【月間4万PVのブロガーが解説】

アフィリエイト

こんな経験ありませんか?

・ブログを書こうとパソコンの前に座ったけれど、なかなか進まず

気が付いたらブログを書く手が止まって、ボーとしている。

 

・「記事のネタさがし」と理由をつけ、ネットサーフィンをしていて

気が付いたら1時間過ぎていた。

 

・1000文字書かないといけないのに

この記事は560文字だから公開しない。

 

・公開している記事よりも下書きの方が多い。

 

「あ~ぁ。今日もブログが書けなかった。

明日がんばって2日分書けばいいや」

 

こんな風に思っているあなた

 

今日ブログが書けなかったのに、

明日になれば2日分のブログが書けるのでしょうか?

 

ここでは月間4万PVブロガーの筆者が

あなたがブログが書けない理由5つを取り上げ対策を伝授します。

スポンサーリンク

ブログが書けない理由を探しましょう

なぜブログが書けないのでしょう?

ブログを書いてアドセンス広告を貼って収益を得る夢を持って始めたはずなのに

あなたの手を止めているのはいったい・・・?

1.ブログ100記事論

初心者はまず100記事書きましょう

「ブログアフィリエイト 始め方」で検索し、記事を読むと

必ず「100記事書きましょう」という言葉に出合います。

(私だけ?)

「初めは1記事書くのに3時間かかるけれど

100記事書くころには

1記事、1時間くらいで書けるようになりますよ。」

 

「100記事書くころには日記のような内容から、

誰かのためになる、資産記事が書けるようになりますよ。」

という内容の記事を読んできました。

だから、100記事書くことを目標にはしているけど、何について書けばいいのかは誰も教えてくれません。

2.報酬が上がらない

真面目なあなたは毎日しっかり、1日1記事を書いてきました。

読者のためになるであろう記事を書いて、記事に合うアフィリエイト広告を貼って、

また、記事を書いて・・・

「稼いでいる人のいう通りに作業をしているのに、なぜ?」

不思議で仕方ありません。

「アフィリエイトは簡単で副収入が得られる」って

広告を見て始めたはずなのに

1年以上報酬がないと

モチベーションが下がるのは仕方ないのかもしれません。

3.稼いでいる方のブログを読んで自分と比べる

上位に表示されているブログを読むと、

必ず月200万円稼いでいるとか、

月30万PVとか、夢のような報告がされている。

 

「自分には1人の読者もいないのに・・・何が違うんだろう」

と落ち込んでしまいますよね。

 

検索上位にいる方は、

何年もアフィリエイトを運営している方たちです。

 

一年間ブログを書いただけの

初心者と報酬とかPVが同じはずがない。

 

比べるのはやめましょう。

 

4.「書かなきゃいけない」と思いすぎる

「100記事書きましょう」と他のブログで書かれているのを見て

100記事書くことを目標にしていることはすばらしい。

 

決して「書かなきゃいけない!」という意味ではないですよ。

 

そりゃあ書けないよりは書けた方がいい。

 

例えば、ランキングに参加していれば、

新しい記事を公開した時だけでも

訪問してくれる人がいる。

 

作家さんなら、締め切りがあって、担当者がいて

絶対記事を書かなきゃいけない環境にあります。

 

でも、あなたが2、3日ブログを書かなくても、

誰にも迷惑かけないし、他に収入源があるので食べていける。

 

あせって記事を書いても誰にも読まれませんよ。

 

5.Googleアドセンスで収入を得ようとする

Googleアドセンス広告を貼っているから

毎日の訪問者が増えてくれないと報酬を得られない。

 

記事を更新して、訪問者を増やして、PVあげて、

収入を得たい。

 

アフィリエイトを始めたころ

「アフィリエイト始め方」で検索し、たどり着いた答えが

読者のためになる記事を書いてGoogleアドセンス広告を貼ることでした

 

簡単そうに書いてあったのに

Googleアドセンスに合格したのは

アフィリエイトを始めて約2年後

ながかった~

 

やっと手にしたGoogleアドセンス

 

なんとしても広告を貼って収入を得て

学費に充てたいし、ローンの返済をしたい

 

お金がからむからあせる気持ちが大きくなるんです。

「Googleアドセンスで収入を得る」という考えは

まだ早い。

 

今は「Googleアドセンスで副収入を得る」という考え方に替えましょう

 

記事が書けない理由を考えて対策する

 

あせったって記事ネタは浮かんできません

ブログが書けない時の対策5つ

4年続けている筆者がブログが書けない時におこなっていることなので参考にしてみてください。

1.毎日書くのをやめてみる

すこしは気持ちが落ち着きます。

2.文字数にこだわらない

ニュース番組を見て、すぐに伝えたい内容だったら

400文字でも、とりあえず公開しましょう。

後でいくらでも書きなおせます。

日にちをかけて記事を足したら1000文字になるかもしれません

3.体験したことをまとめてみる(下書き)

・運転免許の更新に行ったこと

時間、駐車場、係員の対応など

 

・選挙に行ったこと

ハガキを見せてどんなふうに並んで・・・と何気ない日常のようですが意外と選挙に行きたくても手順が分からなくて恥をかきたくないから行かないのかもしれません。

あなたの記事で選挙に行く方が増えるかもしれません。

 

・花火を見たこと

場所取り、駐車場、休憩所、穴場スポットなど

「ココなら花火がきれいに見れるよ」なんて情報はのどから手が出るほど欲しい人がいます

・交通違反をして違反切符を切られたこと

地元のこの場所で、警察が取り締まっていたなど

 

・タピオカミルクティーを飲んだこと

男女比、年齢層、混雑ぶり

 

有名ラーメン店に行ったこと

⇒混んでる時間、駐車場情報

 

記念切手を買ったこと

⇒令和元年の切手が販売されてます。マニアには貴重な情報です

どこかに行ったことを書いた記事は書きやすいし、読まれやすいです。

 

実際に運転免許証の切り替えに行った記事は

私のブログ(もう一つ別のブログ)の中で一番、

訪問者を集めています。

ちなみに「運転免許更新」で検索4位です。

4.思い込みを捨てる

書かなきゃいけない

更新しなきゃいけない

1000文字書かなきゃいけない

100記事かかなきゃいけない

学校ではないので〇〇しなきゃいけないことはないです。

 

5.パソコンから離れる

いっそ、パソコンから離れて、外出しましょ

気分転換したら、書けるかもしれません。

まとめ・ライティングを学ぼう

ブログを書けない理由がわかりました。

対策も分かりました。

後はあなたが実際に手を動かすだけ。

それでも迷っているなら、ブログの書き方を学んでみませんか?

A8.netでブログの書き方を学んでみる

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました