「了解しました」は敬語ではありません。すぐに直してほしい言葉使い3つ

転職

こんな会話聞いたことないですか?

主任、明日の会議の資料、こちらでよろしいでしょうか?

全然大丈夫ですよ。よく出来ています。

なんか、腑(ふ)に落ちないけれど、今はこの会話が成立していますね。

本来、全然という言葉の後には「~ない」の言葉が続くので

「全然~がない」と否定的な言葉として使われてきましたが、

今は普通に「全然大丈夫です」と肯定的な言葉として使われています。

 

アラフィフ、言葉の変化についていけないだけなのかもしれませんが・・・

そのほかにも気になる言葉があるんです。

それがこの言葉

「了解しました」・・・です。

「了解しました」って敬語でしたっけ?

スポンサーリンク

「了解しました!」は敬語ではありません。

上司から、積み込み作業を指示されたあなた。

いつものように「了解しました」と返事をしましたね。

気づいてますか?

上司に対して「了解しました」と返事をするのは

正しい言葉使いではないのですよ。

 

「そういえば使っているなあ」と思われたあなた、

今すぐやめておきましょう

 

転職を考えている方は特に

正しい言葉使いが出来るようになりましょう。

この記事では、

ビジネスでの言葉使いをお伝えし、

職場での上司との会話、または転職する時に

面接の場で使える言葉使いのポイント3つ、お伝えます。

 

特に面接のときに生かせることでしょう。

 

ビジネスの場では、友人と話すときのようなフランクな言葉使いや

話し方は通用しません。

公私の区別をつけるためにも、

「ビジネス会話」を意識して使いましょう。

甘えた話し方や、くだけた表現はもちろん、何が言いたいのか

分からない、あいまいな言葉使いも厳禁です。

「若者言葉」や「バイト敬語」などに注意して、社会人として

ふさわしい言葉使いをしましょう。

 

ビジネスの場では、くだけた話し方をしない。

「それ、私の仕事ですかぁ⤴」

なんて語尾を上げて

甘えたようなニュアンスが相手に伝わると

女性の先輩方から一発で総スカンくらいますよ。

若者言葉は使わない。

「マジ?」「マジで?」

「超〇〇」

「ヤバイ」「ヤバッ!」

「ありえなくないですか?」

「~ていうか」

「~っすか?」

「~みたいな」

「~じゃないですか?」

 

1つくらいは思い当たるんじゃないですか?

入社して、周りが使っていれば、

少しくらいは使ってもいいかもしれません。

 

でも、

自分が使っていても、

部下が使うと眉をひそめる上司もいるので

出来れば使わないほうがいいでしょう。

間違った敬語や、ふさわしくない話し方に注意しよう。

バイト敬語を使わない。

「商品のほうお渡しします」⇒

別に方角を表しているわけじゃない。

「商品お渡しします」⇒〇

 

「~からお預かりします」

コンビニ経験者が良く使う言葉です

「1000円からお預かりします」⇒

「1000円、お預かりします」⇒〇

 

「~でよろしかったでしょうか?」⇒

なぜ?過去形

「~でよろしいでしょうか?」⇒〇

「ら」抜き言葉使っていませんか?

出れない  ⇒出れない〇

決めれない ⇒決めれない〇

受けれない ⇒受けれない〇

食べれない ⇒食べれない〇

 

これらの言葉使いは普段から正しく使わないと

いざ、面接になると気づかないうちに出てきてしまいます。

 

面接では履歴書や職務経歴書だけで判断できません。

なにより肝心なのは面接当日の態度や、言葉使いです。

今から正しい言葉使いを覚えて

面接官に良い印象を与えましょう。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました