お給料が差し押さえられる!税金滞納を繰り返した果てに待っていたもの

あまのっち
あまのっち
税金滞納を繰り返していたらとうとうお給料が差押えられるとの通達が・・・どうしよう?

一日も早く役所へ行きましょう

 

スポンサーリンク

差し押さえとは

差押えとは、国家権力によって特定の有体物または権利について、私人の事実上・法律上の処分を禁止し、確保すること。新聞・テレビなどでは一般に「差し押さえ」と表記される。 (ウィキペディアより)

差し押さえされるまでに役所から黄色やピンク色の封筒が届いていたはず。

それをほおっておいた結果が最終通告=差し押さえです

差し押さえられるもの

差し押さえられるのは預金、給料、債券など現金に換えられるものです。

車やバイク、時計などどれだけ価値があっても

換金作業など、役所に手間が生じるものは差し押さえないそうです。

仮に車を差し押さえても保管場所や手間を考えると除外するそうです。

差し押さえ金額は?

実際『差し押さえます』と言われたら

お給料全額持っていかれるんじゃないかと不安で仕方ないですよね。

そこは法律で最低限度の金額は残してくれるようです。

差し押さえ禁止財産10万円

基本的に10万円は『差し押さえ禁止財産』と言って差し押さえてはいけないそうです。

仮に給料が20万円あったとしましょう。

社会保険料など税金が引かれた後の手取り額が17万円くらい。

そこから差し押さえ禁止財産である10万円を引いた7万円までは差し押さえられるそうです。

生計を一にする人数によって減額されます(1人当たり4.5万円)

3人家族だった場合

20万円-10万円=7万円

ですが配偶者がいたり、子供がいたりすると1人当たり4.5万円免除されるので

20万円-10万円-(4.5万円×2人)=1万円

1万円だけ差し押さえられます。

差し押さえの連絡が来たら

差し押さえの連絡が来たらすぐに役所へ行きましょう。

今の生活の現状を話し、毎月いくらなら返済できるのか返済計画を伝えると差し押さえを待ってもらえます。

この時大事なのは自分が税金を納めずに迷惑をかけていると真摯に受け止め、

ウソをつかずに収入と支出を伝え、返済する気持ちがあることを伝えましょう。

一人で立ち向かうには心理的な負担が大きい方は

天音法律事務所 債務に相談に行くのがいいかもしれませんね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました